平成29年度 沖縄県委託事業「グローバル人材プラットフォーム構築事業」

沖縄の生活・仕事

沖縄の生活・仕事

沖縄の概要

かつて沖縄は「琉球王国」と呼ばれ、中国・日本・東南アジアとをつなぐ中継貿易で栄えました。
1879年、日本の一県になり、1945年の第二次世界大戦中は、地上戦が行われ、多くの命が失われた土地でもあります。 戦後は、27年間、アメリカの統治下におかれていましたが、1972年に日本復帰を果たし、めざましい発展を遂げています。

大自然の中で暮らす

沖縄は亜熱帯性海洋気候で1年を通じて温暖な気候です。サンゴ礁の発達したエメラルドグリーンの澄み切った海、島々を覆う豊かな緑の森に恵まれています。沖縄本島のやんばるの森、西表島の亜熱帯雨林やマングローブ林には希少な動植物が多く見られます。また県内最南端の波照間島では日本の有人離島の中で唯一南十字星を見ることができます。桜は沖縄では1-2月がシーズンです。

インターナショナルな沖縄

那覇から1500キロ圏内(飛行機で4時間内)に東京、ソウル、香港、上海、台北、マニラなどの主要都市があり、日本と東アジアを結ぶ結節点(ゲートウェイ)として発展しています。また自然科学分野で世界最高レベルの研究・教育水準を有する機関、沖縄科学技術大学院大学(OIST)が設置されており、企業の研究所やベンチャー企業の集積による、国際的なイノベーション拠点の形成が期待されています。

グローバルキャリアを沖縄で

国際化がますます進展しつつある沖縄では、バイリンガルを中心としたグローバル人材(外国人や海外在住経験のある日本人)を雇用するニーズが高まっています。

美しい自然と国際的な環境が併存する沖縄で、グローバルなキャリアを積んでみませんか?